食 乃口

すっぽん鍋、鴨鍋、鴨のロース煮のお取り寄せ|食 乃口

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  すっぽんはいつから食べられている?

すっぽんはいつから食べられている?

すっぽんは古くから健康によい食材として食べられてきました。現在でも、すっぽん料理を健康のために食べる方は多く、お取寄せサイトの口コミでも評判が高いです。今も昔も健康食材として愛されているすっぽんには、長い歴史があります。

中国4000年の歴史にも登場するすっぽん

中国4000年の歴史にも登場するすっぽん

すっぽんは中国では3000~4000年の歴史があり、古い文献「周礼」には、栄養価の高さから漢方の原材料として用いられていたと記述されています。また、すっぽんを専門に扱う職業もあり、宮中料理としても重宝されていました。

世界三大美女の一人に数えられる楊貴妃も、すっぽん料理を好んで食していたそうです。当時の中国はすっぽんをとても貴重なものとして考え、雌は繁殖のために残し、雄だけを食べていたと言われています。

日本では縄文時代から食べていた?

ビタミンも摂取できるすっぽん鍋!

日本の歴史を遡ると、縄文時代にはすでにすっぽんは存在していたようです。縄文時代の貝塚からすっぽんの化石が発見され、日本書紀に続く古い書物「続日本紀」では、近江の国から文武天皇に白いすっぽんを献上したと記述されています。

すっぽんが民衆の間に広く普及したのは、江戸時代に入ってからです。今でこそすっぽんは高級食材として扱われていますが、江戸時代中期は比較的安価にすっぽんを入手できました。そのため、多くの人々がすっぽんを好んで食していたと言われています。しかし、すっぽんは成長が遅いため、品薄状態となり、今のように高級食材になってしまったのです。そして、明治時代に養殖が始まったことで再び市場に出回り、今では一般的に食べられるようになりました。

栄養価も高くおいしいすっぽんは、頭や内臓、甲羅など各部位に豊富な栄養が含まれています。そんなすっぽんの栄養をあますことなく食べられるすっぽん鍋は、健康や美容が気になる方にこそおすすめしたい料理です。

すっぽん鍋をお取寄せするなら、ぜひ当店の通販サイトをご利用ください。当店では、お取寄せの注文をいただいてから丁寧に下処理して調理した、ご家庭用のすっぽん鍋セットをお届けしています。お好きな具材と一緒に、栄養満点のすっぽん鍋をお楽しみください。