食 乃口

すっぽん鍋、鴨鍋、鴨のロース煮のお取り寄せ|食 乃口

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  鍋料理に関する豆知識

鍋料理に関する豆知識

インターネットが広く普及している今、すっぽん鍋やちゃんこ鍋、口コミで注目されている鴨鍋など、様々な鍋料理が通販で気軽にお取り寄せできるようになりました。当店でも、ご家庭用おいしいセットを日本全国にお届けしています。こちらでは、日本の食文化である鍋料理に関する豆知識をご紹介します。

鍋料理の火付け役は囲炉裏?

鍋料理の火付け役は囲炉裏?

もともと日本人は大人数で同じ鍋をつつく習慣がなかったため、小鍋立てが流行した江戸時代中期には、一人前用の小さな鍋を使って食べられていました。というのも、当時の日本は親子や夫婦であっても、身分や地位によって食事の場や時間、さらには盛りつけ方までもが異なっていたそうです。

しかし、農村では古くから囲炉裏を囲んで食事をする習慣があり、囲炉裏のない町屋で鍋を神聖なものと崇められていた時代にも農村では囲炉裏を囲んだ食事が続けられていたと言われています。後に、江戸の町にも鍋料理屋が次々と開店し、たちまち庶民の間でも囲炉裏を囲んで食べる鍋料理が人気を集め、一大ブームとなりました。

鍋料理の様々な役割

鍋料理では、鍋奉行以外にも様々な役割があることをご存知ですか?

鍋奉行

鍋奉行

鍋の材料を入れるタイミングや火加減などを指示する役割を鍋奉行と言います。

鍋奉行は、どうすればおいしい鍋料理が振る舞えるかを考えながら率先して鍋料理を作ってくれる、いわば鍋のスペシャリストなのです。鍋料理には絶対欠かせない存在と言えます。

悪代官

お肉やお魚、野菜を入れる鍋料理は、グツグツしてくるとどうしても灰汁が出てきます。この灰汁(アク)をキレイに取ってくれる役割を悪代官と言います。名前のイメージとは正反対で、鍋料理をおいしくするために頑張る「縁の下の力持ち」と言える存在です。

町奉行・町娘

積極的に鍋料理を作る鍋奉行とは反対に、鍋ができあがるまでひたすら「待ち」続ける男性を町奉行、女性を町娘と言います。食べることに特化した役割なので、鍋奉行が作る鍋を待つことがお仕事です。ときには材料を鍋奉行へ届けたり、飲み物を注ぐなどの気遣いをすることもあります。できあがった鍋料理は「おいしい」と笑顔で食べることで、鍋奉行も満足するでしょう。

その他にも、火加減を調節する「火消し」や取り分けの量を確認する「大目付」などがあるようです。

ご自宅で本格的な鍋料理を楽しみたいなら、ぜひ当店の通販サイトをご利用ください。当店がおすすめするすっぽん鍋は、ご注文をいただいてから活けのすっぽんを丁寧に下処理し、加熱するため臭みがないのが特徴です。すっぽんから出る旨味とコラーゲンが溶け込んだ、本格的なすっぽん鍋をぜひご堪能ください。